水素風呂でお肌ツルツル

飲用と入浴どちらが体に吸収される?

水素水の効果は飲むよりもお風呂でのほうが感じやすいという方もいます。水素水効果なしという意見もありますし、実際飲んだ方が水素が体に吸収されるのでいいのでは?と意見もありますが、感じ方は人それぞれで、どちらにしても自分にとって効果がある方を選びたいものです。

水素は宇宙の中でももっとも小さい分子といわれています。ですから水素風呂に入ると皮膚をすり抜けて肌細胞の中まで吸収されるので、そこでシミなどの原因となる活性酸素を除去してくれるのではと期待されています。お肌に直接触れるわけですから、皮膚に到着するのは飲むよりも早く、お風呂あがったらすぐに効果を実感できるという方もいます。

具体的にどのような人に効果が出るかというと、「アトピー性皮膚炎などの皮膚疾患を持っている方」「日焼けによるお肌のダメージを受けている方」「お肌のくすみやハリ艶がきになる方」「冷え性や肩こりを持っている方」です。

水素風呂に入った時にしっかり効果を出すためには、約38℃~39℃くらいのぬるま湯で、できれば1時間近く、水分補給(水素水ならより良い)をしながらはいることです。

このような方法で入浴すると、水素がじっくり体内にしみわたっていくのを意識できます。烏の行水だと普通のお風呂に入ったのと同じような実感しかないですが、水素風呂に入っていると脳に言い聞かせながらゆっくり入ることで気持ちもリラックスします。おすすめは1時間くらいですが、水素が全身に行き渡るまでには7分~15分は必要なようですから、7分以上はすくなくとも入りましょう。

お湯の温度も高くないのでゆっくり入ることができるでしょう。このように長い時間お風呂に入ると血行も良くなって汗もたくさんかきます。ですから入浴の前後は水分補給は忘れないようにしてください。入浴直後にお肌のツルツルなどを実感する人もいると思いますし、しばらく続けた後に感じる方もいるでしょう。ぜひお家で試してみてください。

コメントは受け付けていません。.