家を売る際にかかるお金について

家を売るためには、経費としてのお金がかかります。主なものは、印紙税、仲介手数料、抵当権がついていれば抵当権抹消費用、住宅ローン残債があれば繰り上げ返済としての事務手数料、譲渡所得が出た場合の所得税と住民税なのです。契約書に貼る印紙税は、取引価格により変わります。例えば、1.000万円超、5.000万円以下であれば15.000円、5.000万円超、一億円以下なら、45.000円となり、取引価格に当てはまる印紙税を納付することになります。
自分で家を売るのであれば仲介手数料はいりませんが、不動産業者に依頼して売却すれば、仲介手数料がかかります。仲介手数料は取引価格×3%+6万円+消費税が上限とされています。取引価格が高ければ、それだけ仲介手数料は高額となってしまうのです。住宅ローンが残っている場合は、完済しないと銀行の方で抵当権の抹消登記に応じてくれないので、繰り上げ返済をして抵当権を抹消する必要があります。
費用は、司法書士への報酬や繰り上げ返済の事務手数料も金融機関により異なるので一概には言えませんが、登録免許税を含めて15.000円前後のようです。家売るして譲渡所得が出た場合、その年の確定申告で所得税と住民税を納付することになります。譲渡所得はマイホームの場合、3.000万円の特別控除があるので、譲渡所得は、売却価格-(取得価格+取得費+譲渡費用)なので、これで求めた金額が3.000万円以下なら譲渡所得は発生しません。

コメントは受け付けていません。.